車検諸費用は先払いが基本。法定費用はいつ払う?諸経費は?整備費用は?

*当サイトはプロモーションが含まれています

車検費用の内訳で法定費用、諸費用、諸経費、重量税、自賠責保険料、基本料金、代行料などの言葉を聞いた事があると思います。

この中で、どのお店で車検をしても変わらない金額とお店によって変わる金額があります。

車検の諸費用は先払いが基本だと言われていますが、なぜ先払いかご存知ですか?

お店が資金練りに困ってるから?

諸費用はどのお店でも変わらない金額ですが、何が含まれているか分からないと先払いの理由もわかりません。

諸費用や法定費用、また紛らわしい諸経費など車検費用の内訳を解説いたします。

なお、今出費するのが困る方は、とりあえず今回は安く車検をして後から少しずつ整備していくのも費用が分散できていいと思います。

車検どこがいい?安いランキングも参考にして下さい。

 

車検の諸費用は消費税がかからない

車検費用内訳
車検基本料金 車検整備する時に発生するお店の利益部分(課税)
車検代行料金 車検整備した後にライトや排気ガス濃度など車検検査を受ける為の費用。お店の利益部分(課税)
車検完成検査料金 検査員が最終点検する費用。お店の利益部分(課税)
車検整備料金 交換部品や調整などの整備費用。お店の利益部分(課税)
重量税 車両重量によってきまる税金(非課税)
自賠責保険料金 自賠責保険加入費用。(非課税)
印紙代 陸運事務局に払う費用(非課税)

上の車検費用の内訳を見ると分かりますが、車検費用には消費税がかかる項目と消費税がかからない項目があります。

その「消費税がかからない」赤字の項目が諸費用になります。

 

車検諸費用は法定費用?

車検の諸費用は同じ車でしたらどこで車検を受けても変わりませんので法定費用とも言われています。紛らわしい言い方で諸経費ともいわれますが、実際に車検をすると車検基本料金などは必ずかかるので諸経費に含めてしまうお店もあります。ですので法定費用と書かれている項目もしくは非課税になっている項目だけが、どのお店でも変わらない諸費用だとお考え下さい。

 

車検の諸費用を先払いする理由

諸費用はお店の利益になりません。車検店はお客様から集金したらそのまま陸運事務局に重量税と印紙を払います。自賠責保険は保険会社に支払います。

お客様から車検前に集金しなければお店が立て替えることになるので先払いを要求してくるお店が多々あります。

 

法定費用(諸費用)はいつ払うのが正しい?

法定費用の支払いタイミングは車検のお店によって対応が異なりますが、多くのお店では車検完了時に払っています。少し前では法定費用は先払いで残りの整備費用など課税項目は納車時が一般的でしたが現在では全て納車時に支払うのが主流になっています。車検代の後払いができる業者も参考に見て下さい。

 

諸費用は現金のみでカード払い出来ない

正確に言うと法定費用もしくは非課税の項目だけはカード払いできません。しかし「全額カード払いできた」といった話も聞きます。

実際は全額カード払いできますが、カード払いは利用した金額の数パーセントの手数料を車検店がカード会社に支払わなければなりません。

利益が発生していない法定費用をカード払いしてしまいますとお店がマイナスになるので「諸費用はカード払い出来ない」としているお店がほとんどです。ただ、割引サービスの1つとして全額カード払い対応しているお店もあります。

諸費用も色々な言い方があるので、紛らわしいですが諸経費として代行料金などの課税項目と法定費用を合わせて請求書を作成しているお店があるので注意して下さい。そういった諸経費ですとお店によって料金は変わってきます。

 

諸経費は店によって違うので注意

少し前の話ですが、いつもと違う店に行って車検に出したのですが、車検費用がその前の車検費用と全然違い、驚いた事があります。どこでも一緒だと思っていた諸経費だけで14800円も安かったのです。

諸経費と法定費用を一緒だと思って、どこでも一緒だと思っていました。皆さんも必ず課税、非課税の項目で判断して下さい。

 

 

諸経費が安くても車検総額が高いと意味がない

車検総額で高かったでは話になりません。車検は大きく分けると法定費用と整備費用の2つです。

法定費用は変わりませんが整備費用は交換部品によって変わるので正確には比べられません。車検の交換部品一覧と総額相場のページも参考に見て下さい。

 

オートバックス車検の諸費用は後払い

オートバックス車検では諸費用の先払いはありません。納車時に全額支払います。

カード払いも出来るのでとても助かります。しかも車検費用はディーラーよりかなり安いので、大人気です。

今までディーラーや民間整備工場で車検費用が高額だった方は1度、オートバックスで車検見積もりだけのページを見てオートバックス車検を検討してみるのもいいかと思います。