新古車の軽自動車の探し方【ホンダN-BOXが安く購入できる】

カーセンサーで新しい中古車(高年式車)を検索すると新車?のような状態で売られている事があります。

こうした車が新古車と呼ばれていますが、カーセンサーは中古車検索サイトなのになぜ新古車が売られているのでしょうか。

それでは軽自動車及び普通車の新古車がカーセンサーに存在する理由とお宝車の検索方法をN-BOXを例に紹介します。

/

新古車とは&定義

新車も新古車も見た目では全くわかりません。車検証にも新車とか新古車などと、記載されないので、普通の人だと違いを判断できません。

まずは違いを確認してみしょう。

新車の定義

新車とはまだ1度も登録者(所有者)がついていない状態の車の事です。

簡単にいうと1度もナンバープレートが交付されていない状態の事を言います。

ナンバープレートが交付されるには車を誰かの名義にしなくてはなりません。

それは個人でも販売店でもかまいませんが、初めて登録(ナンバー交付)された時の車検証所有者欄に記載されている人が新車を購入した事になります。

新古車の定義

新車の定義は1度も登録していない事でした。

新古車は1度だけ登録してナンバーが交付されている状態の事をいいます。

新古車の定義は明確になっていませんが、基本的に個人名で登録してしまうと完全に人に渡ってしまうと考えられる為、新古車と言うお店はないでしょう。

新古車の登録名義は販売店の名前になっています。

期間も登録してから1年未満を目安にしますが、販売店側は1年以上経過しても新古車状態や、新車状態などと、新古車として売られています。

新古車は使用せずに登録して展示、在庫を目的としていますので、走行距離が増えてしまうと新古車とは言えません。

こちらも明確な定義はないのですが、商談や展示、店舗移動に使われますので、100km以内が新古車と言えます。

 

/

届出済未使用車とは

カーセンサーでは新古車と言った記載はしません。

新古車に当てはまる状態の車を届出済未使用車と記載しています。

下記はカーセンサーの説明です。

登録(届出)済未使用車

初度登録または初度届出された車両ではあるものの、実際には使用されたことのない車両のこと。
走行距離は100km未満の車両になります。

車の登録が個人名ではいけないなど細かく書かれていませんが、一番大事なのは実際に使用されたことのない車両といった箇所です。

新古車も届出済未使用車も同じ?

しかし、新古車は明確な定義がないので、新しい車で綺麗なら無条件で新古車と記載する販売店もあります。

そういった危険を排除する為に、カーセンサーでは届出済未使用車といった言葉を使用し、定義を明確にしています。

カーセンサーの届出済未使用車でしたら間違いなく、新古車に値するという事です。

 

 

/

ワンオーナーは新古車の次にオススメ

カーセンサーで車両区分の中でワンオーナーか否かの区別がされています。

カーセンサーの説明ではワンオーナーのことを、

「過去の所有者が単一である中古車のこと。」とあります。

つまり1度だけ所有者がいた車ということです。

新古車も同じような基準でしたが、新古車は走行距離が100km未満でならなかったり、使用するためではなく、展示するための所有者を登録しなくてはいけないなど、新古車の規定はたくさんあります。

逆にワンオーナーは所有者が1人だけの状態のみを示しているので、新古車より格下扱いになります。

よって新古車の格が下がるのでワンオーナーとの併用はしません。

しかしワンオーナーも中古車選びには大事な項目で、ワンオーナー車とそうでない中古車の差はかなり大きいと私は思っています。

私は実際に数百台の中古車を検査してきましたが、ワンオーナーは程度が良い中古車であることが多いと感じました。

新車を購入する人と中古車を購入する人の意識の違いだと思いますが、やはり新車を買う人は綺麗な状態を保持したいので大事に乗る傾向があります。

どの中古車販売店もその事を知っているので、ワンオーナーをとても重要なセールスポイントにしています。

 

 

/

なぜ新古車(届出済未使用車)が中古車販売店に存在するのか

トヨタ、ニッサン、ホンダ、ダイハツ、スズキなどディーラーの販売成績は新車登録台数になります。

売れ行きが低迷していて目標台数に届かない時は販売店が新車を登録して台数を確保します。

登録してしまうので、もう新車ではなく、新古車になってしまいます。

その他に新車販売のキャンセルや、グレードや色などの発注間違いも新古車になります。

この理由で新古車になるのは少ないので、ここまで市場に多く出てくることはありません。

以上の理由で新古車(届出済未使用車)が出来るのです。

中古車販売店にまで新古車が展示されるようになるのはなぜ?

それは簡単で、中古車販売店もディーラーなどのメーカーと同じで新車を販売する事が出来るからです。

ディーラーには直接お客様に販売する直販係と業販係があり、直販はお客様に直接販売し、業販は中古車販売店や整備工場などの販売代理店に販売します。

当然、業販係は代理店にお客様価格より安く提供し、ディーラー以外で新車を購入しても価格が高くならないよう小売りと差をつけています。

新古車もディーラーだけでは売り切れないので、中古車販売店に業販します。

  • 登録台数確保のために新古車が多数発生する
  • ディーラーだけでは新古車を販売しきれないので、代理店に流れる

 

/

新古車の軽自動車と普通車の探し方【ホンダ例】

カーセンサーで新古車を探すのは現在の年式で検索すれば新古車と中古車が混ざって出てきます。

検索条件を指定する画面で「未登録車」というチェックボックスが、ここをチェックするとは新車が表示されます。

届出済未使用車と未登録車は勘違いしやすい

—-状態の確認画面参考画像—

未登録車で検索して出てくる車は、状態の所を見ると新車物件となっていますので、注意して見て下さい。

新古車ではなく、新車の証拠です。当然価格も新車価格になります。

状態の所で登録(届出)済未使用車の欄が〇になっていれば新古車です。

こちらは新車と違って新古車なので、価格も安くなります。

—-新古車の軽自動車ホンダN-BOXを検索参考画像—-

新古車を検索する方法
  • 年式を1年以内にする
  • 走行距離を上限5000kmにする
  • 未登録車にチェックを入れない

トップページのボディタイプを選択する画面で軽自動車を検索することができますが、普通車はありません。

普通車はボディタイプや名称で検索してください。

 

 

/

カーセンサーの新古車が狙い目 まとめ

ここまでで中古車販売店でも新古車がある理由がわかったと思います。

新車ディーラーでは新古車はなかなか販売しません。

新古車を仕入れる事ができる中古車販売店での購入はお買い得です。

新車にこだわりがなく、少しでも安く購入したいのであれば、中古車販売店で新古車を購入するのがおすすめです。

新車の軽自動車の値引き平均は5万円程度です。

新古車は新車より最大で15万円ほど低く売りに出ています。

同程度の車が10万円安く買える新古車はとても魅力ではないでしょうか。

カーセンサーならカタログも見れますので、新車価格も調べる事ができ、型も何年から変更されているか調べる事もできます。

在庫豊富なカーセンサーでお買い得な新古車が見つかるといいですね。

カーセンサーで新古車を探すメリット
  • 台数掲載トップクラス
  • 新車、新古車の検索が楽
  • 車の画像が豊富
  • 探している車の乗り心地など口コミが見れる