ユーカーパックのデメリット10個を調査【トラブル多発の原因は価格じゃなかった】

いきなりユーカーパックで査定を依頼するのは危険なので待って下さい!

まずは概算の見積もりだけ教えてもらい、正式に車の査定をするのは、このページを見てからにしましょう。

デメリットも理解しておかないと大変な結末になるかもしれません。

それでは車を安全に高く売る為にユーカーパックの査定を検証してみます。

多発しているトラブルの原因は価格じゃないですよ!

 

 

ユーカーパックの仕組み

ユーカーパックは中古車販売店などの様々な車屋さんに中古車を販売する会社です。

その方法が中古車オークションです。

パソコン上で出品しますので、出品しても売れるまで車を持って行かれることはありません。

ユーカーパックはあなたの車を中古車オークションに出品して売却し、入金されるまでを完全サポートしてくれます。

ユーカーパックの利用料金は落札店が落札手数料を支払っていますので、出品側は一切料金がかかりません。

【簡単な流れ】

  1. インターネットにて車情報、連絡先など入力
  2. 電話にて簡易金額のお知らせ
  3. 査定依頼
  4. 査定店にてマイカーの査定(写真多数撮る)
  5. 写真掲載し、ネット上でオークションに出品
  6. 最高入札者か希望額に達すると成立
  7. 書類手続き
  8. 車両引き渡し及び、車代金入金

 

 

ユーカーパックのデメリット

ユーカーパックのデメリットを10個取り上げて解説します。

デメリットを解消するアドバイスを参考に見て下さい。

①入金が遅い
デメリット解説 デメリット解説
ユーカーパックのオークションで無事に売れてもそこから入金まで余裕をもって2週間程度。即日お支払いするような買い取り業者にはとてもかないません。
アドバイザー
すぐに現金が欲しいとなると買取専門店も限られてしまいます。時間に余裕がないと高く売れそうな車でも安い金額になてしまう事が多々ありますので、1か月位は余裕を持ちましょう

 

②結果が出るまで長い
デメリット解説 デメリット解説
少し余裕をもって期間を表すと

査定予約してから2日、そこからオークションに出品するまで2日、落札されるまで1日(早くて)、売却先決定に2日、その後、売却先がユーカーパックに3日以内に入金、その後8日以内に車両引き渡し、書類等が不備がなければ2営業日に振り込み。といった具合でかなり時間はかかります。

アドバイザー
通常の買取とは違って出品するため、時間はかかってしまいます。急ぐ人には不向きです。

 

③システムが複雑
デメリット解説 デメリット解説
ユーカーパックは買取店と違ってオークションを開催する所ですので、査定、出品、落札、書類の郵送など手間が多いのと次に何をすればいいか分かりにくいです。しかし中古車販売店の気分が味わえるので、車好きな人は楽しいかもしれません。
アドバイザー
実はシステムは単純です。1度でもユーカーパックを利用した人なら難しいとは思わないでしょう。

 

④担当者が不親切
デメリット解説 デメリット解説
リピーターや希望額にならずに何度も出品している人でしたら説明も入りませんが、こんなにも変わったシステムなので、事細かな説明がないと、お客様は不親切に感じてクレームになってしまいます。車の整備から売買まで詳しい私ですら、困惑する事があります。
アドバイザー
ユーカーパックのクレームで1番多いのが説明不足となってます。だったらその都度、自分から質問するしか解決法はないでしょう。

 

⑤希望額まで上がらない
デメリット解説 デメリット解説
ユーカーパックはオークションなので仕方がないのかもしれませんが、出品車が希望している値段にならない事があります。しかし、逆に競り上がることもありますので、希望は持ちましょう。
アドバイザー
希望額まで上がらなくても最高入札者と金額交渉も出来ます。少しの差でしたら交渉してみましょう。

 

⑥キャンセル出来ない
デメリット解説 デメリット解説
車をオークションに出品した時点で希望価格以上になったら売却しなくていけないと契約書に書いてあります。どうしても売ることが出来なくなりましたらユーカーパックにキャンセル料を払うしかありません。
アドバイザー
ユーカーパックに出品したら「もう自分の車ではない」と考えた方がいいでしょう。

 

⑦査定時間が長すぎ
デメリット解説 デメリット解説
1時間位かかる時もあります。ユーカーパックは中古車販売店や買取店が参加するオークションに出品するので、販売店が仕入れしやすいように、車の内外を色々な角度で撮影します。
アドバイザー
買う側も売る側も両方が安心出来るように慎重に査定しています。高額売却の為にもユーカーパック査定は時間をかけてゆっくりお願いしましょう。

 

⑧店によって対応の差が大きい
デメリット解説 デメリット解説
ガソリンスタンドや中古車販売店や整備工場が加盟してユーカーパックの業務を行っていますので、査定士のレベルは違います。
アドバイザー
どこの店舗もユーカーパックの基本の教育は受けていますが、根本的にどこも違う会社なので、良い悪いの差が大きいです。

 

⑨信用度が低い
デメリット解説 デメリット解説
ガリバーなどに比べると知名度はかなり低いです。信用を得るにはある程度の知名度も必要です。ユーカーパックは直営店がないのも信用度が下がる要因になっているようです。
アドバイザー
実際には信用できるお店なのでご安心下さい。

 

⑩ネット環境が必要
デメリット解説 デメリット解説
オークションを見るためにネット環境が必要ですが、ずっと見ていなければいけないといった事はないので、1日に数回見れれば大丈夫です。
アドバイザー
今はインターネットがないと色々な特典もつけられませんので、何をするにも必要かもしれません。

 

 

利用メリットのある人

以下の6項目の内どれかが当てはまっていればユーカーパックを利用するメリットがあります。

1、時間がどれだけかかっても希望額で売りたい人
より高く売るには焦ってはいけません。オークションは売り手、買い手のタイミングが大事です。ユーカーパックは3回まで出品できます。

 

2、買取店からの強引な交渉が嫌いな人
車買取営業マンのノルマはとても高く、達成出来ずに辞職する社員も多いです。それこそが強引な買取店員がいる理由です。

 

3、買取店の査定額では納得いかなかった人
ユーカーパックはオークション方式なので、試す価値は十分にあります。

 

4、新しい事が好きな人
ユーカーパックのオークションはきっとワクワクすると思います。中古車販売店の営業マンになった気分でオークションを楽しめるでしょう。

 

5、希少な車
希少な車は買取専門店では相場が変動して決まった金額を設定しにくいです。ユーカーパックなら欲しい人が買っていくので、希少車の買取相場が上がるはずです。

 

6、装備品など、付加価値が多数ある車
アップルなど、普通の買取店では装備品の価値は一定の査定額になります。しかし、ユーカーパックのオークション形式なら装備品がとても高く計算してくれる場合があります

 

以上ですが、買取店員のしつこい勧誘がないのが、最大のメリットです。

査定申し込みするとまず電話がきます。昼間でしたら10分以内に電話がくるでしょう。

電話で流れと予想価格を教えてくれます。

「少し考えさせてほしい」と伝えると、簡単に了承してくれます。

決まったら電話下さい位の返答ですので、とても気楽です。

とりあえず、ユーカーパックの査定に申し込み、話だけでも聞いてみるのもいいでしょう。

【ユーカーパック】
申し込みサイトを見てみる

 

 

デメリット調査のまとめ

トラブルが多いのは金額や営業マンが怖いなどではありません。

間違いなく、ユーカーパック取次店?の担当者の説明不足です。

今までにないタイプの車の売却システムですので、かなり踏み込んだ説明が必要になるのは当然です。

「不親切」や「何をしたらいいか分からない」などのトラブルが多発しています。

ユーカーパックの本部がしっかり取次店の教育すればいいのですが、取次店が多すぎて教育が徹底されていないようです。

解決法は「わからない時はすぐに質問する事」です。

取次店も、メールや電話ですぐに聞きましょう。

そこ以外は出品無料ですし、無理やり売らされることも無いユーカーパックは、メリットしかないかもしれません。

あとは金額次第ですが、希望額にならなければ手数料一切かからずにやめる事もできます。

時間はかかりますが、デメリットよりメリットの方が勝っている事は間違いありません。

 

ユーカーパックの情報をもっと見たい方はこちらも参考にどうぞ

ユーカーパックの評判を見てトラブル回避!