車から変な音がする!どうしたらいい?【原因と直し方】エンジン異音編

エンジンの異音

車が壊れた!と言っても、「変な音」を故障という時もあれば、「ガタガタする」のを壊れたという時もあります。

しかし、なんと言ってもエンジンが止まってしまうエンストが1番嫌な「故障」ですね。

道路の中央で止まってしまったら最悪です。

トンネルや橋の上も避けることが出来ないので危険です。

車は故障する前に異音が発生することが多いです。

異音は車の声だと思って、

  1. どこから出てるか
  2. どんな音か
  3. どういった時にでるか

をしっかり正確に見て聞いて下さい。

実際に直すのは整備工場になってしまうのかも知れませんが、音で異常箇所がある程度判断出来れば、その後の対応で、修理代を安くすることが出来るかもしれません。

それでは、エンジンの異音を紹介していきます。

タイヤやナビなど持込み修理可能!詳しくはこちらで確認

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】



車の走行中にでる変な音(エンジン本体偏)

 

タペット

カムとバルブが当たる音

タペット音とはエンジン上部にある吸気や排気をコントロールするバルブを開け閉めする時の作動音ですが、エンジンのオイル劣化や不足するとバルブを押す卵型のカムシャフトが削れて隙間が多くなり音が大きくなります。

その他にオーバーヒートなどでエンジンが異常に高温になるとカムシャフトが歪み、バルブとの隙間が不安定なり、音が大きくなります。

また、急加速を頻繁にするような車はカムシャフトが消耗しやすく、走行距離が増えると徐々に音が大きくってくるでしょう。

しかし、タペット音が大きくてもエンストなど、走行に支障が出ることはほとんどありません。

 

【タペット音ってどういった音?】

「カタカタ」と言ったそれほど大きい音ではありませんが、少し気になります。エンジン回転に合わせて音のタイミングが早くなったり遅くなったりします。

タペット音の動画を探しました。参考にどうぞ。

 

【タペット音が発生してしまったらどうする?】

フラッシング剤を使用してエンジン内部を洗浄します。そして新しいオイルを入れるのと、エンジン内部の隙間を保護する成分が豊富に含まれている添加剤を同時に入れます。

その他にバルブクリアランスの調整ができる車もあるので、調整可能な車でしたらエンジン上部のカバーを外して調整します。

調整できない車が多いですが、調整可能なエンジンでしたら1万円位で調整できます。

それでも音が消えない時はカムシャフトの交換が必要になります。

一番の予防は早めにオイル交換をする事です。遅くても5000km毎に、なるべく高価な不純物が少ないオイルがいいでしょう。

オイルにあまり詳しくないようでしたら100%化学合成オイルを選んでおけば安心です。

オイル缶の横に記載されていますので、購入時に確認できます。

タイヤ、ナビ、指定オイルなど持込み修理可能!詳しくはこちら

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

こちらでワゴンR MH21Sの「カタカタ音」などの異音の原因や解決方法を調べました。

 

コンロッドベアリング(メタル)

コンロッドベアリング

エンジン下側についているオイルパンの中にクランクシャフトが入っています。

クランクシャフトは全部のピストンと連結しています。

クランクシャフトは直線的な作りではなく、大きく上下にピストンの数だけ曲がってますので、クランクシャフトが回転するとピストンが上下に動きます。

そのクランクシャフトとピストンを連結している箇所にベアリングを使用しています。

ここは高速で回転していますので、オイル不足や汚れなどでベアリングが十分に潤滑出来ていないと削れて隙間が大きくなり音が発生します。

ベアリングはメタルとも呼ばれ、車関係者はこの音をメタルの音と言います。

 

【メタルの音って、いったいどういう音がでるの?】

エンジン下側から「カンカン」といった鉄を叩くようなかなり大きい音がでます。エンジン回転に合わせて音が早くなったり、遅くなったりします。

回りに音が響きますので、乗るのが不安になるでしょう。

メタル音の動画を見つけました。この動画より、もう少し甲高い「カンカン」という音もよく聞きます。

 

【メタルの音が出てしまったらどうしたらいいの?】

1度メタルの音が出てしまうと、エンジンをオーバーホールしてコンロッドベアリング(メタル)を交換しないと音は消えないと言われています。車種によって違いますが、30万円は修理代が必要になるでしょう。

しかし、私の経験上、限りなく小さくなったことはあります。

かなり小さい音になったので、他の整備士が聞いてもメタルの音とは思わないでしょう。

その車はスズキの軽自動車で、オイル交換不足で、オイルが空っぽになり、メタル音が発生してました。

何が決め手だったのか私にはわかりませんが、まず最初に作業した内容はエンジンオイルの粘土を硬くしました。

通常5W-30Wだったのを、5W-40Wにしました。

が、まったく変わりませんでした。

そのまま5000km乗ってもらい、もう1度硬いオイルで交換し、次にワコーズのパワーシールドという添加材を入れました。

その時もまったく変化なしです。

次の5000km時はもう諦めて普通のオイルを入れました。

やはり変化しません。

音はするけど、普通に乗れるからもういいよと、お客様は言って諦めました。

そして次のオイル交換で来店した時、奇跡がおきてました。

ほとんど音が出てないんです。

異音発生から2万km。

いつしか音は消えましたが、なぜか理由はわかりません。

もしかすると、音が出ててもオイル管理をしっかりして、乗り続ければ馴染んで消えるんじゃないでしょうか?

それともワコーズの添加材が時間をかけてメタル内部に入り込んだのか。

乗れないほど、大きい音でなければ、乗って馴染ませる方法もいいかもしれませんね。

皆さんも試しにやってみてください。

あまり音がひどい場合はメタルの隙間が広がりすぎて、ピストンが横揺れをおこし、シリンダーが削れている可能性があります。

その場合はエンジンオーバーホールしかありません。

メタル音だけでしたらエンジン不調になりませんが、シリンダーまで傷つくと、エンジン始動性が悪くなるので、エンジンがかかるまでのクランキング時間が長くなるのが特徴です。

メタル音が出ててクランキング時間も長ければ、残念ながら修理代30万円です。

修理工場にお困りの方、ナビやタイヤなど持込み可能!詳しくはこちら

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

車屋はメタルの音が出てるとエンジンが壊れていると判断するほど大事な箇所です。添加剤で消えるかも知れないのでしたら試す価値ありますね。

 

 

タイミングチェーン

タイミングチェーン

スズキのラパンやワゴンRで、原動機の型式ががK6Aはチェーンから音が出やすいです。

トヨタのコンパクトカーでヴィッツ、シエンタ、パッソなどもチェーンから音が出やすいです。

10年位前はタイミングベルトを使用していて、10万kmで交換をしていました。

タイミングベルトはゴムなので、磨耗すると切れますが、チェーンは金属なので、よほどの事がなければ切れません。

見た目は自転車のチェーンにとても似てます。

なので、磨耗すると切れるというより、伸びてしまいます。

タイミングベルトやタイミングチェーンはカムとクランクを繋いでいる大事な部品です。

切れるとエンジンは止まってしまい、伸びるとカムとクランクのタイミングがずれてエンジン警告灯が点灯したり、加速不良などを起こします。

ちなみにタイミングがずれると、着火したりガソリンを噴射する時期が不安定になるので、ノッキングをおこしてエンジンが調子悪くなります。

少しのズレが1番面倒で、わずかにエンジン不調をおこす程度なので、何が原因なのか、判断できない事が多いです。

 

【タイミングチェーンはどんな音?】

タイミングチェーンの音はチェーンが磨耗して伸びることによってカバーに当たり、「ガチャガチャ」や「ガサガサ」といった音が出ます。自転車のチェーンと同じですね。

場所はエンジンのファンベルトがついてるすぐ奥です。

カバーで覆われているため、見ることはできません。

タペット音やメタル音は叩くような音ですが、こちらは、こすれる音、も混ざってるのが特徴です。

 

【タイミングチェーンの音が出てしまったらどうすればいい?】

タイミングチェーンの音が出るときはチェーンが伸びてしまってるとお伝えしました。実はチェーンの張りはオートテンショナーを使って常にたわみ量を一定に保っています。

ですので、少し位の伸びでしたらテンショナーを広げてチェーンを適正に張ります。

タイミングチェーンの音が出ているときは、このテンショナーが固着してチェーンが張れなくなっていることが多いです。

テンショナーは汚れてドロドロしたオイルの使用を続けていると動きが悪くなり、最後には固着します。

チェーンがテンショナーで調整できる範囲を越えるほど伸びているか、テンショナーが固着しているかは実際に分解しなければ、判断出来ません。

ですので、まずはフラッシングをしてテンショナーを動くように綺麗にしましょう。

1度固着するとなかなか動きませんので、フラッシングして、長距離走行をし、またフラッシングをする、など、繰り返す必要があります。

スズキのワゴンR、ラパンなどは1日1回、朝のエンジン始動時だけ音が出るという症状が多発しています。

最初の2秒ほどで音が消え、その後は何も問題なく乗れますので、最初の音さえ我慢すれば、直す必要はありません。

フラッシングで直らなければ、タイミングチェーンとテンショナーを同時に交換しますが、費用はとても高く、工賃と部品代を入れて10万円~15万円位でしょう。

タイミングチェーンは音だけで、乗るのに差し支えない場合が多いです。車にお金をかけたくなければ、音を我慢して乗るしかないですね。

 

故障ばかりで車替えたいよー!というあなた、高く売れるお店見つけました

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

 

可変バルブタイミング

VVT

エンジンのカムシャフトに取り付けられているバルブタイミングを変化させることができる部品です。

メーカーによって呼び方が変わりますが、トヨタ系ですとVVTバルブといいます。

エンジンの回転がゆっくりな時と高回転の時のバルブ開閉時間を変化させ、吸気量を常に効率のよい適量にし、エンジン性能を高めています。

場所はエンジン上部のベルト側です。

タイミングベルトやタイミングチェーンで可変バルブを回しています。

可変バルブにオイルを流し込んで進角させたり、遅角させていますので、オイルが汚れてドロドロですと、動かなくなります。

動かなくなると通常のカムタイプと同じ作動になりますが、高速側で固着か、低速側で固着しているかで、車の走りが変わってしまいます。

低速側で固着しているならまだいいですが、高速側で固着しますと、アイドリングなどの低回転時にエンストを起こすほど、不調になる時もあります。

 

【可変バルブタイミングの音ってどんな音?】

アイドリングではそれほど音は出ませんが、少し回転を上げて空ぶかしすると「ガラガラ」と言った音が出ます。走行中ですと、発進時や加速時など、少しアクセルを強めに踏むと音が出やすいようです。

音はエンジン上の先端から出ます。

オイル交換をしないことによって音が出るときは、タペットやチェーンより、VVTバルブの音が真っ先にでるようです。

可変バルブ装着車から異音が出てる時はここを1番最初に疑って下さい。

 

【VVTバルブの音が出てしまったら、どうする?】

VVTバルブのガラガラ音が出てしまいましたら、残念ながらVVTバルブギヤを交換しなければ直りません。ひどいとエンストもするので、そのままでは、まともに乗ることも出来ないでしょう。

しかし、この部品はメーカーによっては作りが弱い所もあるので、オイル交換をしっかりやっていても、壊れる事があります。

可変バルブは消耗品だと思って覚悟して乗った方がいいですね。

修理代は5万~10万位です。

1度音がでてしまうと、いいオイルを入れたり、添加材を入れても音は小さくなりません。

もったいないので、やめましょう。

それより、乗るなら素直に最初から直した方が得策です。

修理工場にお困りの方!自由が利く整備工場多数!詳しくはこちら

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

VVTの異音はチェーンやタペットと近い場所から音が出るので、間違えないようにしましょう

 

 

ウォーターポンプ

ウォーターポンプ

ウォーターポンプはエンジン内、ラジエーター内、オートマ内、室内のすべてに水を循環させる部品です。

仕組みはとても簡単です。

エンジンの回転をタイミングベルトやファンベルトを介してウォーターポンプを回しています。

ウォーターポンプはエンジンの冷却水経路に取り付けられており、回転しているハネで水を押し流します。

ただハネを回転しているだけなので、故障と言っても、水漏れか異音のどちらかしかありません。

稀にハネが割れて水が流れなくてオーバーヒートする事もありますが、それも、最初のうちは変な音がしますので、車に乗っている人は異音でウォーターポンプの異常に気が付くでしょう。

必ずどれかのベルトで動いていますので、ベルト付近に付いています。

 

【ウォーターポンプの音ってどんな音?】

ウォーターポンプの音は様々です。コトコト、コンコン、ゴーゴー、キーキー、キーーン、キューキューなどです。

私はどの音も聞いた事があります。

一番多いのが、コンコンですね。

ウォーターポンプの軸にガタがでて、ハネが冷却水の通路に時々当たる音です。

次に多いのがキューキューです。

ウォーターポンプの軸のベアリング部分から音がでますが、水漏れを防ぐために回転部分にゴムパッキンを使用し、常に水が付いているので音が発生しやすいです。

ウォーターポンプの音は常に出るのは珍しく、時々でるといった症状が多いです。

今回は説明しませんが、エンジン補器類のオルタネーターやパワステポンプ、エアコンコンプレッサーなどもウォーターポンプの近くに付いているので、間違われることが多く注意が必要です。

 

【ウォーターポンプから音がでたらどうしたらいいの?】

まずは本当にウォーターポンプの音かどうか正確に判断する事が大事です。

車用の聴診器で確認すれば間違いありません。確認するときは誤診をなくすために、ウォーターポンプを回すのに関係の無いベルトを外して、他のプーリーは回らないようにして音を聞いて下さい。

間違いの無い点検方法はベルトを外して手で空転させることです。

ウォーターポンプから異音がしているのなら、空転させた時に、キューキューやコンコンといった音がでます。

コトコト音は油では消えませんが、ベルトの張りを弱くすれば、音が消える場合もあります。

冷却水に入れる添加材もありますが、残念ながら音を消す効果はありません。

キューキュー音は直さなくても走行に支障なく乗ることが出来てしまうことが多いですが、コトコト音は水漏れやオーバーヒートしてしまうこともありますので、早めに修理しましょう。

タイヤの持ち込み交換、ナビ、ドライブレコーダー持込み交換可能!詳しくはこちら

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

ウォーターポンプって色んな音が出るから判断が難しいです。

 

エンジン系の異音まとめ

今回説明してきた箇所はエンジン内部なので、どの部分も修理すると高い修理費用になります。

説明を見てもらえるわかると思いますが、エンジン内部を守るにはエンジンオイルがとても重要です。

決められた時期より早くに交換することをお薦めします。

そして不純物が、少なく、洗浄効果の高いエンジンオイルがエンジンの寿命が伸びます。

大事に長く乗りたければ、質のいいオイルを定期的に交換しましょう。

ここなら全国どこでも修理工場が探せます

問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

 

 


当サイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。

サービス向上の参考にさせていただきたく、アンケートを実施いたしております。お忙しいところ恐れ入りますが、ご協力お願いいたします。


金額スピード安心