ラパンのエアコンが効かない!? 99%この部品が故障している HE21S

エアコンの修理代は高い?ラパンは安く直ります!

 

10年位前まではカーエアコンが故障すると修理代に10万円から20万円位かかりました。

高級車ですと30万円を超えることもありましたが最近では10万円を超えることは少ないですね。

昔に比べて制御系のレベルが上がり、1つが故障すると、他の関連部品の故障を防ぐために、機能を強制的に止め、保護している事が大きな理由だと思います。

他にも安くなってきている理由はあります。

現在はネットが普及し、車関係の職業でなくてもネットで知識をえて整備士並みの判断が出来るからです。

その為、昔の整備工場はどんな部品でも同時交換をすすめたり、本当は不要でも、利益確保のために理由を並べて部品を追加で交換してしまうなどの利益優先の整備工場が少なくなりました。

情報が身近にあると消費者は便利です。しかし、情報が自由に発信できるため、間違った情報も多くありますので、真実を見極めることも必要です。

それでは、このページを見て少しでも修理費用を安くしていきましょう。

➡こちらでエアコンが故障したラパンの下取価格が計算できます

 



 

ラパン&スピアーノのエアコン修理はここで決まり

外したエキスパンションバルブ

前置きが長くなりましたがスズキのラパン及びマツダのスピアーノのエアコンが効かない故障はエキスパンションバルブからのエアコンガス漏れが99%!

エキスパンションバルブ略してエキパンと呼ぶ方が多いです。

その他にスズキ車でエアコンが効かない場合、無料修理の可能性もありますので、パレットのエアコンが壊れたの記事も参考に見て下さい。

カーセンサー掲載店でお車を購入された方は無料で直るかもしれません。詳しくはこちらをご覧ください

中古車の走行距離10万キロ越えのリスク【修理無料のカーセンサー保証で限界突破】

 

エキスパンションバルブの役割

自動車のエアコンガスが流れる箇所の構成部品はコンプレッサー、コンデンサー、エキスパンションバルブ、エバポレーター、レシーバーなどです。

電気的にはコントロールユニット、圧力スイッチ、エアコンファン、電源系統が多く、

コンプレッサーとはエアコンガスを圧縮してサイクル内を流す役目をしています。

コンデンサーはガスを貯めて、ファンで冷やす物です。

エキスパンションバルブは圧縮されたガスを室内のエバポレーターに開放します。

室内と言っても本当に室内に噴出するわけではありません。

室内に装備されているエバポレーターと言う入れ物に噴出します。

その時の気化熱を利用して冷やすのです。

ラパンはそのエキスパンションバルブがとても弱いため、隙間からガスが漏れてしまい、ガスがなくなった状態でコンプレッサーを回し続けるとコンプレッサーが空回りし、内部破損につながる為、エアコンのコンプレッサーを守るために強制停止します。

ここなら車のエアコン修理ができるプロ工場があります。

【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

エキパン 取り付け位置
赤丸の奥にエキパンが付いている

間違われる修理 エアコンコンプレッサーの交換

良く間違われるのが、コンプレッサーが動いていいないので、コンプレッサーを交換してしまう事です。

コンプレッサー交換費用は工賃、部品を合わせると10万円位かかります。

そしてコンプレッサーを交換した後はガスを必ず補充します。

補充したばかりはガスが満タンに入っているので、エアコンは正常に作動しますが、エキスパンションバルブからガスが少しずつ漏れているため、1週間程度でガスが無くなってしまい、コンプレッサーがまた動かなくなってしまうのです。

修理に出した人は直した箇所がまた故障したと思いがちですが、実は違うんですよね。

なぜかというと、最初からコンプレッサーではなく、エキパンの故障ですから!

そこで初めて別の箇所を調べてもらえますが、お客様への説明は「エキパンも壊れていた」、「コンプレッサーを交換したらエキパンに負担がかかって壊れた」などという回答が返ってきます。

最初にしっかり故障診断し、エキスパンションバルブのみを交換していればもっと安く直ったはずです。

しかし、同じスズキ車でもワゴンRはコンプレッサの故障が爆発的に多いですね。

ラパンもワゴンRも同じスズキ車なので、ワゴンRのエアコンのページも参考に見てください。

これがあれば出張でガス補充ができます。

工場に入庫させる必要なし、家庭でエアコンガスが入ります。

詳細:画像クリック

 

単純で意外と見落とす基本的な故障!

その他のよくある故障はリレーですね。

これが本当によく壊れます。

調べるのはものすごく簡単なので、1番最初にリレーを点検するのもいいでしょう。

エアコン関係のリレーは3個ほど使用してますが、壊れるのは、コンプレッサーリレー、電動ファンリレー、ラジエーターファンリレーです。

ラジエーターファンリレーが壊れると、エアコンが効かなくなる前にエンジンがオーバーヒートするので、車自体が故障で動きません。

リレーはエンジンルームのバッテリー付近のヒューズボックス内にあります。

ラパンのヒューズボックス
赤四角がヒューズボックス

ヒューズボックスの裏を見るとコンプレッサーを表す「cmp」ですとか電動ファンを表す「fan」など、略した名称が記載されているので、雰囲気でこのリレーはコンプレッサーかな?とかファンかな?など、想像を働かせて見てください。

あなたの想像はきっと正しいはずです。

みごとリレーを見つけましたら、試しにエンジンを作動させるのにまったく関係のない、同じ形状のホーンリレーやヘッドライトリレーなどと交換してみてください。

リレーの配置
1.コンプレッサーリレー 2.ファンリレー

そこでエアコンが効くようならリレーを交換するだけで直ります。

別の点検方法も教えますが、これは雑な方法なので、あまり公言しないで下さい。

その方法とはズバリ、リレーをハンマーで軽くコツコツ叩く!

まるで昭和のテレビ状態ですが、本当に直ります。

でも一時的な回復なので、また動かなくなるでしょう。

いずれにしてもリレーの交換だけで直れば、たった1500円!!

最初に点検してみる価値ありますね。

 

【修理参考価格】

エキパン エアコンガス 工賃 合計

ラパン エアコン

修理費用

3800円

1000円×2本

=2000円

 

4500円 10300円
エアウォーター カーエアコン クーラーガス 1箱30本入 HFC-134a 送料無料
車1台に使用するエアコンガスは2~4本、整備工場では1本1000円位で販売している為、こちらの商品はかなりお得です。

 

カーセンサー掲載店でお車を購入した方は無料で直せるかもしれません。詳しくはこちらをどうぞ

中古車の走行距離10万キロ越えのリスク【修理無料のカーセンサー保証で限界突破】

 

 

one point

エアコンの修理に詳しくないと整備士でもわからないのかもしれませんが、エアコンガスが少なくなってくると運転席側と助手席側の前に付いているエアコンの風の吹き出し口温度が違ってきます。

どちらかが冷たく、どちらかが温いです。

右側、左側の温度差がでてきましたらガスが減っている証拠です。

ガスは漏れている以外に減ることはありませんので、どこかに漏れが生じています。

この症状があらわれましたら漏れを疑い、エキスパンションバルブ付近を見て下さい。ガスが漏れた後は油で汚れたようにベタベタしているはずですよ。

 

【車の修理工場に困っていませんか】

ディーラーに修理に出すと請求金額が予想以上に高い時があります。

しかも、中古部品や再生部品をあまりすすめてくれませんので、どうしても高額になりがちです。

ディーラーは絶対的な信用はありますが、用品取付や、安く済ませる修理の提案などは民間整備工場に比べるとかなり劣っています。

ここなら安くて信用できる整備工場を探す事ができます

【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

ラパンのエアコン修理するか車を買い替えるか少しでも悩んでいる人は、車の買取相場を調べるのがおすすめです。

意外と高く売れて、前から欲しかった車が買えるかもしれません。

簡単に調べる事ができますので、1度、買取相場を見てみましょう。

➡車の買取相場を調べるのはこちらから