通勤にも趣味のゴルフにも大活躍 クラウン AWS210の中古車

綺麗な画像のクラウン
イメージ 情報源:toyota とても綺麗な画像満載

平成27年 クラウン AWS210 プロが仕上げれば綺麗になる車でも本当の状態は細部にあらわれる

 

自動車販売会社に並んでいるクラウン。汚い状態で並んでいるのは問題外、綺麗な状態が当たり前です。

車の販売だけでなくどんな店でもそうですが、商品が汚いなんてことは無いですよね?

まずは綺麗な状態ということで見ていきます。

プロはボディを斜めからみたり、隙間を見たりしますが、車に詳しくない方にとっては難しいです。

しかしそんな事はしなくても大丈夫です。実際にプロでも展示されている状態では外も中もエンジンルームも綺麗になっているので、ほとんど良否の判断はできません。

 

夕焼けのクラウン
イメージ 情報源:toyota とても綺麗な画像満載

 

最初に外側を確認。確認箇所はライト類、ガラス、ボディ、タイヤから

 

確認と言っても傷やヘコミなどの傷み具合を見るだけです。

クラウンに限らず、どの車にも対応している内容なので、ご自分の見たい車に置き換えて見て下さい。

クラウンのボディは直線的な箇所が多いので見やすいと思います。車をグルリと回るように見ていきましょう。まず1週目はライトを見ます。

ヘッドライト、ウインカー、テールレンズのヒビ、傷、ワレを見て下さい。この確認は状態の良い悪いではなく、購入が決定した場合に交換整備してくれるか確認する為です

もう一つ、ライト類が他の箇所と違って格別に綺麗な状態は注意が必要です。

交換している事が考えられます。基本的にライト類の交換は破損が原因です。

破損するという事は衝突している証拠なので、ボディのゆがみも合わせてみますが、こればかりはご自分で判断できませんので、販売店に確認し、どこまで修復しているか確認します。

外側だけの衝突でしたら綺麗に直っていれば問題ありませんが、内部まで直しているようでしたら、やめておいた方が無難です。

しかし、その分安くて走行に支障が無いのでしたら検討しても良いと思います。

走行にもっとも重要なショックアブソーバーの記事も参考にして下さい。

 

迫力のあるヘッドライトとグリル
イメージ 情報源:shunta

 

次はガラスのチェック。フロント、サイド、バックのガラス全て確認。

 

また前から順番にグルっと回って確認します。

フロントガラスは飛び石などの影響でヒビがある車両が多いです。とくにクラウンなど、高級な車に乗っている人は高速道路を移動する方が多いので、飛び石によるヒビや傷が多いです。

また、ワイパー傷などもついていると視界が悪くなることはありませんが、運転中に気になりますので不快です。

サイドやバックは物が当たったり、事故車両でなければ傷はつきませんので、ほとんどの車両は傷がないと思います。

ガラスは修理費用が高額になります。フロントですと8万円、サイド4万円、バック6万円程度です。購入前に要チェックする所です。

 

スタイリッシュなクラウン
イメージ 情報源:toyota とても綺麗な画像満載

 

一番気になるボディの確認

 

引き続き、前から回り込むように見ていきましょう。

一番最初に見るのがボンネット、グリル、フロントバンパー。

クラウンの顔つきは迫力があり、インパクトが強いので、傷やヘコミは目立ちますし、せっかくの高級車が台無しです。

傷を見つけたら交渉しましょう。

次にドア。少し斜めから見るとヘコミや塗料のざらつきがわかりますが、そこまでしなくても普通に見て綺麗でしたらいいでしょう。

後ろは一番大事です。ほとんどの人が1度はぶつける場所ですね。ボディの修復はプロでなければわかりませんので、販売店に確認するしかありません。

 

タイヤの点検
イメージ 情報源:pixabay

 

最後に走行に重要なタイヤをチェック

 

右前のタイヤから見ていきます。国産車の右ハンドルの車両でしたら運転席側のタイヤと言う事になります。

タイヤは溝、ヒビ、傷を見ましょう。溝は内側が減りやすいので、覗き込んで見て下さい。少なければ、契約時に交渉します。

ヒビは外側、に入りやすいです。実はヒビはよほどひどくなければ問題ありあません。しわなのかヒビなのかわからない程度でしたら気にしなくて良さそうです。

傷も外側によくあります。道路と歩道の境の縁石に横をこすることが多いので、横の傷をチェックします。

タイヤの側面は弱いです。道路に接地する箇所ではないので、それほど強度を上げていませんので、少しでも傷が付いていたら安全が考えて交換する所です。ここも交渉できる箇所です。

その他のチェックはホイールになります。傷程度なら走行に問題ありませんが、フチが曲がっていましたら、即交換です。

ホイールの変形は大事故につながります。ここだけは妥協できない所です。

世間口コミ まとめ

良かった点

  1. 2500ccのハイブリッドで燃費が素晴らしい。以前のクラウンは燃費が6kmぐらいで走らなかったが、一度の給油で1000km走る。また、運転も大変しやすい。

  2. 2500ccのハイブリッドで燃費が素晴らしい。以前のクラウンは燃費が6kmぐらいで走らなかったが、一度の給油で1000km走る。また、運転も大変しやすい。

  3. 低速でもゆったりと乗れる。不快感を感じないハンドリングが素晴らしい。 何度見てもかっこいい外観。ホワイトパールは、清潔感が素晴らしい。 静粛性が飛びぬけている。運転していて、ゆったりした気持ちになれる車。 街乗りで、ゆったりとした加速でも全然いらいらしない安定感。 バックモニターが見やすい。これだけの安全装置があれば、車に傷がつきにくい。 なんといっても1200キロもガソリン補給がいらないところ。燃費が素晴らしい。 座席のフィット感が、やはり他社と比べると断然に快適。

  4. 走行中の音が全く気にならないほど安定した走りをして、とても安心して乗り心地の良い車です。

  5. 車の買い替えにあたり、燃費を優先するか迷いましたが、やっぱり乗り心地が良いのが一番だと思い、この車を選びました。旅行などちょっとした遠出でも、後部座席は座り疲れがなく快適です。

気になった点

  1. 特になし18クラウンアスリート前期3.0Lに乗っておりました。 イイところは、 ・デザインが良い ・アフターパーツが豊富 ・メーターなど見やすく古さを感じない ・燃費が良い(常に10km/l以上) ・スマートキーが楽(17から乗りかえると考えた時) ・本革シートの温度がダイヤル調整可能 ・高速道路で覆面かと警戒される うーん・・・なところ ・街中で良く見かける ・度々、空気圧センサーが誤動作 ・電動ステアリングが軽すぎる(個人的に) ・リアシートが狭いような・・・ ・テールライトの円形配列LEDの数か所が点灯不良(ユニットASSY交換) ・走行中、段差など走った時に、純正革シートが擦れるような音に悩む(ドアの革?) ・音楽の取り込みがCD(カセット・MD・DVD)で、iPhoneなど使用の際はBluetooth接続が電話のみとなり、FM飛ばし・カセットアダプター・外部入力となる。(もしかしたらVAIS TECHNOLOGY社のキットで、CD/MDチェンジャーと認識させiPhone接続可能かもしれません) 参考になれば幸いです。

  2. トランクの開け閉めがかなり重たく感じる。後はそんなに気になった所はない。

  3. 運転席周りにもう少し機能的なポケットがほしい。 スピーカーに今一つ音色に対するこだわりがないように感じる。

  4. 車両代金が高い。おじさんポイイメージがある。

  5. 今まで乗っていた車より前が長いので、スーパーの駐車場などに停めるときは、車止めぎりぎりまで入れないと頭がはみ出すことがあります。

良い意見、気になる意見が色々ありますが、気になるところは人によっては「そこが気に入っている」という回答がきそうです。

悪い評価はほとんどありません。さすがはクラウン、いつかはクラウン。

 

次は大事なエンジンルームの説明です。オイルで良質な中古車を判断する